人気のシアリス通販サイト

1分で簡単にEDかどうかチェックしてみませんか?EDの症状、発症の原因についてもまとめています。EDの治療方法、食事や運動で改善方法する方法なども詳しく解説しています。

1分で簡単!ED診断テスト

自分の症状から、今EDに近いのかどうかチェックできます。試してみてください

Q1:勃起してそれを維持する自信はどの程度ありますか
  • 非常に低い
  • 低い
  • 中くらい
  • 高い
  • 非常に高い
Q2:勃起した時、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりますか
  • ほとんど、又は全くならなかった(挿入できなかった)
  • 半分よりかなり低い頻度で挿入できない
  • 時々挿入できない(ほぼ半分の頻度)
  • しばしば挿入できないときがある(半分よりかなり高い頻度で挿入可能)
  • 勃起したらいつも挿入可能な硬さになる
Q3:性交の際、挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できますか
  • ほとんど、もしくは全く維持できない
  • たまに維持できる(半分よりかなり低い頻度で維持できる)
  • 時々維持できる(半分の頻度で維持できる)
  • しばしば維持できない時がある(半分より高い頻度で維持できる)
  • ほぼいつも維持できる
Q4:性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難ですか
  • きわめて困難
  • とても困難
  • 困難
  • やや困難
  • 困難ではない
Q5:どれくらいの頻度で性交に満足できますか
  • ほとんど、もしくは全く満足できなかった
  • たまに満足できる(半分より低い頻度)
  • 時々満足できる(半分の頻度)
  • しばしば満足できる
  • ほぼいつも満足できる
Q6:性交に自信ありますか
  • まったくない
  • ほとんど自信はない(半分より低い程度)
  • 半々の自信がある(半分の頻度)
  • ある程度自信がある(半分より高い程度)
  • 性交に自信がある
Q7:性交時に過剰に緊張したり興奮することがありますか
  • いつも過剰に緊張・興奮している
  • たまに過剰に緊張・興奮している(半分より低い程度)
  • 時々過剰に興奮や緊張を感じる(半分の頻度)
  • しばしば過剰に興奮や緊張を感じる(半分より高い程度)
  • まったく過剰な興奮や緊張はない
Q8:糖尿病・高血圧・メタボリックシンドロームの症状がありますか
  • すべてに該当している
  • 糖尿病・もしくは糖尿病と別の症状に該当している
  • 高血圧・メタボリックシンドロームの2つに該当している
  • 高血圧・メタボリックシンドロームのどれか1つ該当している
  • どれも該当していない
Q9:自分の勃起の硬度をどのように評価しますか
  • 陰茎は大きくも硬くもならない(反応しない)
  • 陰茎は大きくなるが硬くはない。
  • 陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない
  • 陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない。
  • 陰茎は完全に硬く、硬直している。
Q10:抗うつ薬・向精神薬・抗精神病薬を服用していますか
  • 抗うつ薬や抗精神病薬を毎日服用しており、長年服用している
  • 最近から抗うつ薬や抗精神病薬を毎日服用するようになった
  • 調子が悪い時にたまに上記の薬を服用することがある
  • 以前は服用指定が、現在服用はしていない
  • 服用していない
あなたの診断結果
15

EDとは

EDとは

EDとは勃起機能の障害、勃起不全のことです。
英語では「Erectile Dysfunction」と呼ばれEDと略された呼び方をされています。
EDは、思うように勃起が出来ずに性交が満足に行えない事と定義されています。
全く勃起しないだけでなく、勃起しても十分に硬くならない。・すぐに折れてしまうなどの症状もEDです。

一昔前は勃起不全のことをインポテンツ、インポなどと呼んでおり、完全に勃起ができない、治療不可という解釈をされていました。
しかし、EDは治療することが可能です。
昔は今のようにED治療薬のようなものが無かったために、治療不可だと思われていましたが、現在は治療薬という希望があります。

現在日本人男性の4人に1人がEDを患っていると言われているぐらい、ED患者は増加しています。 その増加傾向から現代病とまで言われています。
EDは決して珍しい病気ではありません。
誰もがEDになる可能性があります。
年齢は関係なく、若い人でもEDになることはありえます。

EDの症状

EDの症状は軽度~重度まであります。下記はそれぞれの症状です。

軽度 中度 重度
勃起したときに硬さが弱くなったと感じる 性交中に中折れする 勃起が困難
以前より勃起しづらい 勃起時間が以前よりも短くなった 完全に勃起できない

EDというと、重度の「勃起が困難・完全に勃起できない」
というのを想像する人も多いですが中折れもEDの症状の一つです。 中折れ・時間が短くなったという人は、中度のEDの可能性があります。

                

「あれ?ちょっと以前と違う・・?」
そう思ったら軽度のEDのサインかもしれません。

また、最近では「心因性ED」というものも増えてきています。
精神的なストレス・トラウマ・プレッシャーなどでEDになってしまうというものです。
「うまくやらなきゃ」「自信がない」「どうしたらいいか」
など不安やプレッシャーなどを感じることでEDになってしまうものです。
心因性EDは、普段はEDの症状がみられなくても、特定のシーンでEDの症状がみられるなどの特徴があります。

軽度~重度のEDや心因性EDの症状も、「ED治療薬」が効果的です。

プロフィール画像

管理人

EDに年齢は関係ありません!
若くても様々な原因でEDになることはありえます。

EDの原因

ED患者の中で最も多い年代は50~60代と言われています。基本的にEDの原因として一番多いのが、動脈硬化により発症する器質性EDです。年配の人とは対照的に若い人がEDを発症してしまう原因の多くは、心因性EDと言ってストレスからEDを患ってしまうケースがほとんどのようです。

器質性ED

器質性EDは、EDの原因の中でも多くの割合を占めています。
「器質性ED=物理的な原因で勃起が阻害される」という意味です。
主に加齢・糖尿病・生活習慣病・外来手術・ストレス性のEDが含まれています。
ここでは器質性EDの原因をさらに3つにわけて紹介します。

血管性の器質性ED 神経障害の器質性ED 内分泌低下の器質性ED
主な原因 加齢・ケガ・生活習慣病 ケガ・神経障害 加齢・ストレス・喫煙・飲酒・運動不足・偏食
EDになる仕組み 血管の弾力が失われる(動脈硬化)・血管の損傷などで勃起に必要な血液が不足する 神経の損傷・機能しないなどで勃起を促す神経が作動しない 男性ホルモンが少なくなり、性欲がわかない・勃起力が弱る

【器質性EDに有効な治療法】

  • ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス等)
  • 持病の治療
  • 生活習慣の改善

心因性ED

精神的なストレスが積み重なることが原因で発症するEDです。セックスでのトラウマ、女性不信などから引き起こされるEDです。20~30代のEDの人の多くはこの心因性EDが原因で発症していると言われています。
心因性EDの引き金になりやすいのは下記です。

・過去に性行為がうまくできず「しっかりしなきゃ」「うまくやらなきゃ」という焦りや緊張がある
・コンプレックスを抱えている
・子づくりへのプレッシャー
・仕事のストレス
・幼少期のトラウマ

心因性EDは、非常にデリケートな問題です。
心因性EDも、ED治療薬での治療が非常に有効です。
ED治療薬で性行為の自信を持つことで、EDが改善したというケースがたくさんあります。
心因性は非常に複雑で、無意識の部分で性行為への嫌悪感や罪悪感を抱えている場合もあり、本人も原因がわからないこともあります。
ED治療薬などを使ってもEDが改善しない場合、カウンセリング等の心理療法も検討することが必要です。
また、パートナーとの関係性がよくなることで、自然にEDが解消するということもあります。

【心因性EDに有効な治療法】

  • ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス等)
  • 心理療法(カウンセリング・行動療法)
  • パートナーとの話し合い

薬剤性ED

常用している薬剤が原因で発症するEDです。精神安定剤、抗うつ剤などの副作用により引き起こされます。その他、神経に作用する薬なども勃起不全の影響があると言われています。
薬剤性EDは、医師に相談するのが一番です。副作用の出にくい薬に変更してもらうことで、一気に改善することがあります。

【薬剤性EDに有効な治療法】

  • 医師に相談する(薬の変更・減薬など)
プロフィール画像

管理人

原因は1つではなく、心因性ED・器質性EDなどが複合的に出ることもあります。
いずれの場合もED治療薬で改善できることがあります。
心因性は特に時間が経つと自信を失いがちです。
早めに対応して自信を取り戻しましょう

EDの治療と改善方法

EDの治療と改善方法

薬物療法

「バイアグラ・レビトラ・シアリス」などのED治療薬を使った治療方法です。EDの治療薬を手に入れるには、下記の二種類の方法があります。

  • ED治療薬を取り扱っている病院(内科や泌尿器科など)やED専門クリニックのような医療機関で入手する
  • 通販で入手する

病院での治療・通販それぞれにメリット・デメリットがあります。まずは、クリニックのメリット・デメリットを紹介します。

メリット デメリット
・医師が処方するので安心
・持病があったり、健康的に不安がある場合も相談できる
・薬の価格が高い
・診察料(初診料)がとられる
・医師や看護師に相談するのが恥ずかしい
・診療時間内に行かないといけない

次に通販のメリットを紹介します。メリットが多いので、現在、通販でED治療薬を購入する人が増えてきています。

メリット デメリット
・病院で購入するよりも安い
・空いている時間にいつでも注文できる
・一人で注文から受け取りまで完了できるので恥ずかしくない
・どこからでも注文できる
・自己責任なので薬について十分に調べる必要がある
・届くまで時間がかかる

病院やクリニックでの治療は、保険の適応が無いため自由診療です。カウンセリング料や初診料も取る医療機関もあるので、なるべく費用を掛けたくないという人にとっては、避けたいところだと思います。

医療機関でEDの治療をする人は事前に電話などでどれぐらい費用が掛かるのかは聞いておいた方がいいでしょう。

しかし、悪いところばかりでもありません。体調に不安がある場合、安全に薬を使うためには医師に相談することが必要な場合もあります。血圧が高いなど体質によっては、ED治療薬が不向きなこともあります。特に初めてED治療薬を使う場合、医師に問題ないと判断してもらったうえで使うのが安心だと思います。

                

特に持病や飲んでいる薬がないという場合、通販で購入するほうがコスト的にはだいぶ抑えられます。最初はクリニックを使っていても、次第に通販に流れる人も多いのです。

                

クリニック・通販のどちらがいいかは、それぞれのメリットを比較して決めるほうがいいでしょう

食事療法

EDを改善する方法として食事療法があります。もちろん直ぐにでもEDの改善、治療を思っている人はED治療薬を飲むことが一番の改善、治療方法とはなりますが、食事制限をすることで十分EDの改善にはなります。

EDの多くの原因は血管の障害です。血流の流れは食生活に大きく影響をします。肉料理を中心とした食生活では、血流が悪くなり動脈硬化を引き起こす可能性が高くなりEDの症状を悪化させてしまいます。 またインスタントフード、ファストフードなどの食事もなるべくなら控えるようにしましょう。こちらも血流に大きく影響を致しますのでEDをより悪化させてしまいます。

野菜を中心としたバランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。またEDに良い食材としてレバー、ナッツ、大豆、青魚があります。これらを毎日の食生活でバランス良く取り入れましょう。 更に亜鉛を多く含む食材を取りれると更にEDの改善には良いとされています。亜鉛は男性ホルモンを活発にしてくれる作用があります。

運動療法

運動療法

定期的に運動をすることで、EDを改善することができます。運動をすることで血流も良くなり、そして男性ホルモンを増加させてくれる効果があります。運動をすると血管が拡張されることで、血流が良くなります。すると血液中の老廃物が取り除かれるために、血液はさらさらとなり、勃起が起こりやすくなります。

そして、運動は男性ホルモンの増加する以外にも筋肉が鍛えられ体力もつきます。勃起を維持する時間もおのずと延びることは間違いありません。ED改善に代表的な運動方法は、まずは有酸素運動です。ジョギング、ウォーキング、エアロビ、水泳などがいいとされています。できれば1日30分を目安に運動をするようにしましょう。もし、時間がない場合は10分程度でもいいので、運動をすることを心がけるようにしましょう。健康的な肉体を取り戻すことができます。

しかし、仕事をしている人はなかなか10分程度でも時間を作るのは難しい、億劫だという人もいるかも知れませんが、そういう人の場合は毎朝の通勤の時間などに職場の一駅前で降りて歩いていく、または普段はエレベーターを使うところを階段を利用するなどして工夫して運動をしていることを意識するようにしましょう。

生活習慣の見直し

規則正しい生活習慣をすることで、EDの改善に繋がります。生活習慣病からEDを発症させてしまうケースも多々あります。またこの生活習慣病からED以外にも糖尿病などといった病気も合併症として発症してしまう恐れもあります。日々の生活を見直すことで、EDのリスクを減らし、改善へとつなげるようにしましょう。ED患者に取ったアンケートでは、アルコールの多量摂取、喫煙、偏った食生活、運動不足、肥満などが原因でEDを患った人が多いというアンケート結果があります。

日々の仕事で忙しくしている人にとりましては、生活習慣を改めることは容易ではないとは思いますが、少しずつ生活習慣を改善していくようにしましょう。お酒の量を少しずつ減らしていく、喫煙する回数を減らし、そして定期的に5分程度でもいいです。運動を取り入れるようにしましょう。生活習慣を改めることは今日、明日でできることではありません。少しずつ生活習慣をあらためることを意識して日々を過ごすということを心がけることが大切です。

EDの体験談

EDの体験談

実際にEDを体験して、ED治療薬で治療をしたRさん(34歳)の体験談です。

EDになって34歳

イベント企画の仕事をしています。夏で季節的にとてもイベントが多く、一人で4つのイベントの企画の責任、指揮を取っていまして、とても大変な時期でした。仕事が終わっても、残業は当たり前の時期で、家に帰りつくのは0時過ぎ、妻との夜の営みも少なくなり、夫婦仲も悪くなっていくばかりでした。当時の私も仕事で疲れていたので、それどころではなかったというのもありました。実際に仕事の疲労が先行して、性欲は全くありませんでした。自分でも仕方がないと思っていました。

仕事が無事に成功し終われば、その後からでも、大丈夫だと甘く考えていました。しかし、無事にイベントの仕事も終わり、落ち着き妻との関係を良くするためにと、夜の営みをと思った夜、勃起に異変が起きていたことに気付きました。最初は勃起し辛いなと軽率に考えていましたが、時間が経っても以前のような硬い勃起はできず、そして勃起できないことに焦ってしまい、余計に勃起することができなくなるというループに陥り、その日はあきらめました。妻もまだ疲れが残っているのでは?と慰められました。男として情けないとこの時ほど思ったことは今までありませんでした。

恥ずかしながら、その時は自分がEDを発症していると思ってもいませんでした。EDはもっと年配の方が掛かる病気だと思っていましたので、まさか自分がと思っていました。それから1週間後に妻と2度目の性交を試みましたが、勃起はするのですが、以前のような硬い勃起はできずに、柔らかく、挿入するだけでも、とても大変でした。いざ、挿入したとしても中折れを頻繁に繰り返しました。2度目も、無残にもできませんでした。

妻がもしかしてEDなのでは?と言われ、自分はまさかとは思ったのですが、その日にインターネットでEDのことを調べました。ネットでできる簡単ED診断やEDの症状などを調べていくうちに、自分がEDを発症していることに気付きました。このままではいけないと思い、すぐに病院をと思ったのですが、仕事をしているので病院に通院する時間もなく、どうしようかと悩んでいた所、通販でED治療薬を購入できることを知り、その日に早速、購入しました。

1週間ぐらいで薬は届きました。初めてED治療薬を飲む人はシアリスがいいと口コミなどを参考にして、シアリスを購入しました。シアリスだと効果を持続する時間が他の薬より長いのでいいし、副作用の発症も少ないようです。シアリスが届いたその日に服用しました。シアリスを飲んで2時間後に股間部分が熱くなっていくことに気付きました。妻との性交も無事に済ませることができました。終わった後もシアリスの効果があるので、2回目、3回目と求めてしまうぐらい効果がありました。

ED治療薬はすごいとその時に思いました。今もED治療薬は使用していますが、今はシアリスではなくシアリスのジェネリックのシアスマを使用しています。値段も安い上にシアリスと同じ効果を得られるのでかなりお得です。シアリスのジェネリックは数多く出ていて、シアスマ以外にもメガリス、タダシップ、タダライズなどあります。他のシアリスのジェネリックも使用してみようと思っています。本当にシアリスには感謝しています。

EDのまとめ

EDは年齢問わずに若い人でも発症してしまう、とても恐ろしい病気です。一昔前までは特殊な病気だと言われていましたが、今では年々、ED患者は増加の一方で、現代病とまで言われているぐらいです。近年、日本では少子化問題が社会問題になっていましたが、一部の人の間では少子化問題はEDが深く関与しているのではないかと唱えている人もいるぐらいです。今後ももっとED患者は増加していくと見込まれています。

最近、勃起するまでに時間が掛かっている、または勃起の硬さがなくなってきたという人は、予防のためにもED治療薬を定期的に飲むことをおすすめします。今では通販で24時間、いつでもどこでもED治療薬は購入することができます。 ED治療薬は持っているだけでも、自信がつき心因性EDにも非常に効果的です。少しでも下半身に違和感を感じた場合はEDを発症してしまう可能性は高いということを知っておくようにしましょう。